back to index
1969年の新横浜
1944年  1947年  1949年  1956年  1961年  1963年  1966年  1967年  1969年  1974年  1979年  1984年  1989年  1992年
  1995年  1997年  2001年  2004年  2005年  2006年  2007年  2008年  2009年  2012年  2013年  2014年  2016年  おまけ


神奈川県政情報センター航空写真より作成 昭和44年神奈川県撮影(無断転載禁止)

1964年に新幹線開通,新横浜駅誕生,現・環状2号となる道路の新横浜以北が完成しました。
写真はその5年後の1969年のものです。
区画整理事業最中で,現・2丁目の西より(現スケートセンター以西)等はまだ区画が敷かれていません。
現・環状2号の新横浜駅以南はまだ工事中で,まさに陸橋を造っています。
新横浜駅南西の岸根交差点を通る市道・横浜上麻生線も整備中のようです。
この頃,横浜駅と岸根町を結ぶ相鉄の路線バスが走っていたそうでが,
岸根交差点から新幹線の駅までは,どのようにアクセスしていたのでしょうか。
新幹線の駅前ロータリーは新幹線利用者の駐車場になっているようです。
税務署の建物が,現・環状2号沿い(写真右上)に確認できます。
横浜線は1967年に複線化され,島式のホームができています。

鶴見川と鳥山川合流部の内股にあたる場所にモトクロス場があります。(関連の記述にリンクさせていただきます。)
ここを利用されていた方で,1983年全日本カートSクラスチャンピオンになられた方もおられるそうです。
現在の地図で,小机町と鳥山町に不自然な境界線が設けられていますが,
実は鳥山町にあったモトクロス場のパドック部分だけが,小机町に設定されていたからです。
小机町と鳥山町の町境は,もともと,鶴見川から現労災病院の真下を通っていた農業用水路であったことがわかります。
(この用水路は現在,痕跡のみ残しています。)


現在は絶滅危惧種に指定されているヨコハマナガゴミムシが,航空写真左上の旧亀甲橋付近で見つかったのもこの頃です。

鉄道行施宿医飲会店
道路政設泊療食社他
−−−設−−−−− 1961年  月 第三京浜工事計画に伴い,新横浜名物「鴨まん」由来の鴨猟場(川向町)が閉鎖
−−−−−−−−他 1962年  月 横浜火力北線(現・新横浜駅前公園の高圧電線)開通
−−政−−−−−− 1964年  月 新横浜駅・北部地区土地区画整理事業 着工
−路−−−−−−− 1964年  月 現・環状2号線 新横浜近辺完成
−−−−−−−会− 1964年  月 新横浜ビルディング完成(篠原口,駅周辺最古の現存ビル)
−−−−−−−−− 1964年10月 新横浜駅開設(東海道新幹線開通)
−−−−−−−会− 1965年  月 螢筌淵察_I優妊檗聞阻IC)設立 (現・IKEA)
−路−−−−−−− 1965年12月 港北IC開設(第三京浜開通)
−−−−−−−−他 1966年  月 鶴見川大洪水で新横浜駅一帯が大冠水
−−−−−−−−他 1967年  月 亀甲橋周辺河川敷にヨコハマナガゴミムシ(学名Pterostichus yokohama)発見される(絶滅危惧種)
鉄−−−−−−−− 1967年10月 横浜線複線化開始(新横浜−菊名間複線化)
−−−−−−−会− 1968年  月 資生堂研究所(亀甲橋北側)完成(2000年11月に転出)
−−政−−−−−− 1969年  月 緑区(現在の緑区+青葉区)が,港北区より分区
鉄−−−−−−−− 1969年10月 八王子菊名間のC58蒸気機関車貨物列車さよなら運転(菊名の国鉄−東横連絡線廃止)