back to index

横浜アリーナの稼動


横浜アリーナの稼働状況について調査しました.
2008/4に最新データで修正しました.



横浜アリーナの事業報告のデータを解析しています.
件数,本番日数,稼動日数を定義したのが下図の例です.






まず下のグラフは,年間のイベント件数を表したものです.



コンサートのほかに,団体集会・企業式典や,展示販売催事,スポーツイベントも
けっこう行われていることがわかります.


そしてこれが,年間の稼働日数.こちらは開業1989年以来のデータがそろっています.


保守点検や補修のための日は必要かと思われますが,理想的には稼働日数が365日
(※開業初年は257日,閏年は366日)だと稼働率100%となります.
実際の稼働率は下のグラフのような推移です.



絶対値としてどの程度以上であれば良好なのかはよくわかりません.
開業後1993年くらいまでは割と高い値ですが,1994年には稼働率60%を,
1995年には50%を割り込むまで低下します.
その後も2002年頃までしばらく,50〜60%強程度で推移します.

2002年の50.1%を最近の底として,この後2007年まで
5年連続で稼働率が上昇,74.5%と過去2番目の高稼働率にまで回復します.
事業報告の表記もあわせて考えると,最近の好景気,営業努力の成果などのようです.
ひとつ上のグラフに戻ると,コンサートなどの利用もさることながら,
団体集会・企業式典などの利用が増加していることがわかります.
ただし2007年ではコンサート件数が10件も増加しました.

集客しやすい土日などはコンサートなどでほぼ埋まるようですが,高稼働率維持のためには,
平日の利用をいかに増やすかが重要な模様です.

蟆I優▲蝓璽覆蓮ぅリン,西武鉄道のほか,横浜市も出資している第三セクターですから,
横浜市民としては稼働率は高いに越したことはありません.
今後とも更なる稼働率の上昇が期待されます.

がんばれ市民の横浜アリーナ(収容人数17,000人/客席11,000人).
ライバルは日本武道館(13,444人),幕張イベントホール(収容人数9,000人)
東京ベイN.K.ホール(7,000人),東京国際フォーラム(5,012人),
パシフィコ横浜 国立大ホール(5,002人) あたりか.




さて一方,近隣で居住・就労する立場で考えると気になるのは,
設営など準備の日を除いた本番日数ということになります.

この推移を示したものが下のグラフです.


この本番日数も,上の件数稼働日数などと,
当然似たような推移となっています.
およそ年間365日のうち,110日〜140日程度(30〜40%)は
何らかのイベントに参加する人が新横浜に集まってきているということがわかります.
一週間あたり,2、3日といった感じです.

2006年に限った本番日数の,イベント種類別内訳を下に示して見ました.


上のほうのグラフでもわかることではありますが,これによると,
人混みを見て「今日はアリーナで何かやっている」と思っても,それがコンサートである
可能性は半分強の55.1%でしかないということになります.
意外に多いのが団体集会・企業式典で,28.7%です.これには,
企業の入社式等,宗教団体の集会,市の成人の日のつどいなどが
カウントされていると思われます.

行われているイベントによって,新横浜の街を埋める集団の特色は様々です.
人ごみを見かけ「今日は○○系のコンサートかな」などと男女比,年齢層,服装などから
予想して,あとでアリーナのイベントカレンダーなどで実際に確かめてみるのも
楽しみではあったりします.



これだけでは面白くないので,さらにデータを加工してみました.

下に示したのは,本番日数件数 すなわち,
ひとつのイベントあたりの本番公演日数です.


こうしてみると,格闘技などスポーツイベントはほぼ1回1日公演限りなのに,
コンサートやショーイベントは,2days,3daysなどと,一度設営したら
複数日公演を行うことが多いようだということがわかります.

さらに,(稼動日数本番日数)/件数というのも計算してみました.


この数字の意味は,ひとつのイベントで,本番以外の準備(設営や撤収など)にかかる日数
ということになります.

スポーツイベントは,だいたい前日か当日に設営し,当日中に撤収してしまうようです.
一方,コンサートなどは前後の準備等で2日近くかかるようです.
近年,この準備は大掛かりになっているのでしょうか.日数が延びています.
装置が大掛かりになっているのか,ディズニーオンアイスなどリンクを作るのが
大変だとか,そういった理由でしょうか.
とにかく,大掛かりだといちど設営したら2回3回と公演してしまったほうが確かによさそうです.



最後のグラフは,開業以来の来場者累積です.


2007年末で2,925万人に達しています.2008年春ごろ3,000万人突破です.
およそ毎年約150万人ずつ来場し,2007年には172万人が来場しました.
一日あたりに換算すると,4,700人強ということになります.

「累積1億人を突破するのは西暦2053年」 …と予測してみました.


以上.


 back to index