back to index

新横浜の中心

地域振興のための観光名所「捻出」を目的として,「日本の中心」「日本のへそ」を名乗る場所は,日本中に数多く存在します.以下にいくつか列挙します.
 兵庫県西脇市 東経135°線/北緯35°線が交差する
 岐阜県郡上市 日本の人口重心がある
 群馬県渋川市 地理的な中心を自称している
 千葉県銚子市 銚子を中心に円を描くと日本列島が丁度収まる
 ……
などなどで,なんと全国に約60箇所もあるそうです.
「全国へそのまち協議会」を設け,「全国へそサミット」まで開いている有様.

「新横浜の中心」について調査しました.



 むかし学校で,三角形の重心,内心,外心,垂心などについて習った記憶がおぼろげにありますが,新横浜のように不規則な形をしたものについて中心を定義する場合には,「重心」を選択するのが適当かと思われます.
 重心とは,平たく言うと,「図形を板として考え,針の上に乗せたとき,どの方向にも傾くことなく釣り合う点」です.任意の平面図形には,重心が存在します.
 重心は,「重心を通る線で図形を二分割したとき,両方の面積が等しくなる」という理屈から,割と簡単に探すことができます.平行でない,重心を通る軸を2本探せばよいわけです.

 以下にその手順を示します.(手順はどうでもいいという方はコチラ

【手順1】
Internet Exprolerなどで表示させたYahoo!等による新横浜の地図の画像を「Altキー」+「Prt Scrnキー」でスクリーンコピーし,PowerPointに貼り付けます.



【手順2】
なるべく丁寧にPower Pointの「フリーフォーム」ツールで町境をなぞり,




多くの点で結ばれた新横浜の「枠」を描画します.このとき,PowerPointのデフォルトで,図形がグリッド線に沿うようになってしまっている場合は,Altキーを押しながら点を打つことで自由な多角形が描けます.はじめの地図がモニタに比べて大きすぎて,ひとつの線だけで描けなかったとしても,最後に各パーツを「グループ化」すれば大丈夫です.下図は若干見難いですが,新横浜の枠がひとつのパーツとして出来上がった状態です.



【手順3】
今度はあらかじめMS Excelの行と列を,セルが細かい正方形になるよう網目状にしておき,ここに手順2で作成した「枠」をコピーペーストします.
この際,新幹線の境界線が水平になるよう図形を自由回転させておくと後で少し楽です.また,厳密にセルが正方形である必要はありませんが,すべてのセルが同じ面積であることは必要です.セルが細かいほど精度は上がります.同じ理由で,縦横比を維持したまま「枠」を拡大しておくと良いです.ただし,あまり拡大しすぎると後で大変です.)



【手順4】
「枠」内のセルすべてに「1」を入力します.ちょうど枠線が掛かったセルについては,”枠内の方が大きければ「1」を入れる.そうでなければ入れない”あるいは”少しでも枠が掛かっているセルはすべて「1」を入れる”などと自分でルールを決めておきます.どちらも所詮は誤差範囲です.まず外周を「1」で囲ってから,マウスドラッグで「1」を引き伸ばすと比較的楽です.



【手順5】
ここまでで「1」の入ったマス目で作られた「デジタル新横浜」が完成します.



【手順6】
すべての「1」をSUM関数(記号のボタン)で足し算して,個数を数えます.私の作った「デジタル新横浜」は,8,301マスありましたので,以下これで説明します.面積が,重心を通る軸の両側で,8,301÷2=4,150.5マスずつに分かれるのですから,上からも左からも4,151番目のセルを探せば良いことになります.

【手順7】
行ごと,および,列ごとにSUM関数を使い,上から4,151番目,左から4,151番目となるセルの位置を探します(下図で,4,151番目のセルを通る行と列を赤くしました).どの行(どの列)に4,151番目がくるかはSUM関数の合計範囲を変えてみることで割と簡単にわかります.

【手順8】
この行と列が,上述の「重心を通る,平行でない2本の軸」ですので,これらの交わる点=重心に,「図形描画の楕円ツール」か何かで印を描きます.



【手順9】
「重心」パーツと「枠」パーツの相対位置関係がずれないよう,両方を選択して「グループ化」します.

【手順10】
グループ化したものをコピーし,再びPowerPointに戻って新横浜の地図上にペーストします.もし事前に自由回転してあれば,もとの東西南北にあわせるよう戻す必要があります.また拡大してあれば縮小してピッタリあうよう大きさを合わせる必要があります.

【手順11】
先ほどつけた円(楕円)状の印,そこが新横浜の重心(中心)です.




これで完成.

というわけで,新横浜の中心は,

「新横浜2丁目6-21(スーパーホテルの隣の新横浜モリシゲ第一駐車場)あたり」



…と確定いたしました.駐車場だと対象物が特に無いので,当駐車場付設の自動販売機を「新横浜の中心スポット」と定義したいと思います.



新横浜がそれほど複雑な形でないため,意外と,地図をぱっとみて「だいたいこの辺かな〜」と適当に推測した通りだったのがちょっと脱力です.



愛を叫びたいという方,こちらでどうぞ.(近所迷惑にならない程度に.)

以上.




補足:
新横浜センタービル(2-5-15)は,新横浜の中心から120m離れている.
新横浜第二センタービル(3-19-5)は,新横浜の中心から約350m離れている.
新横浜中央クリニック(3-9-5)は,新横浜の中心から約600m離れている.
セントラルアベニューは,新横浜の中心を通る線から約250m離れている.
新横浜中央通りは,新横浜の中心を通る線から約50m離れている.
2008年9月完成の新駅ビル=新横浜中央ビルは,新横浜と篠原町の境界付近,町はずれにある.






 back to index