back to index

新横浜の地価推移


以下は,国土交通省が公開している,土地総合情報システムによるデータ,その他をまとめたものです.


2008年3月最新データで更新しました.
2008年9月最新データで更新しました.

2008年3月国土交通省より,全国の「公示価格」データ(1月1日時点)が公開されました.
「公示価格」というのは,毎年7月1日時点のものが公開される「基準地価」とは少し性質が異なりますが,
どちらも売り手・買い手双方に特殊な売買動機が無い場合の
更地としての土地適正価格を専門家が査定したもの
であることは変わりませんので,
両者を併せて比較してみました.
公示価格=国土交通省の土地鑑定委員会による / 基準地価=都道府県による)
一般的にはどちらも,「実勢価格」に比べ少し遅れがちな指標のようです.


まずこの図は,東京都区部,および神奈川県,横浜市,港北区,中区などの公示価格平均値をプロットしたものです.



これを見ると,どこも1990年前後のバブル期には,土地が2〜3倍に高騰し,
その後バブル崩壊で急落,現在は1985年当時の価格に戻ったという状況であるということがわかります.



さて,新横浜についてはどうでしょうか.


図中のプロットは公示価格(1月1日時点)と基準価格(7月1日時点)が混在しています.
また時々調査の基準地が変わっているので,連続したプロットにはなりませんが,凡その傾向は掴めます.

上昇と下降のタイミングは,先ほどの図と変わりませんが,縦軸の尺が異なります.
新横浜の土地は,バブル期前後で,5〜10倍にまで上がり,そして下落したということがわかります.
すなわち2〜3倍どころではなく,ものすごい乱高下でした.
最高値をつけているのは,1991年,2丁目15−19で1屬△燭蠅覆鵑硲毅沓暇円.
現在は横浜ペットコミュニティ専門学院のある場所です(旧・奈良建設本社ビル).
もし当時の基準地が3丁目の駅前ロータリー沿い辺りであったならば,更に数百万円高い価格を付けていたことでしょう.
3丁目6−4は,2007年9月発表の基準地価で,166万円/屐柄闇比+29.7%)と発表されています.
3丁目6−4は,2008年9月発表の基準地価で,190万円/屐柄闇比+14.5%)と発表されています.
3丁目7−3は,2008年3月発表の公示価格で,158万円/屐柄闇比+27.4%)と発表されています.
なお新横浜については,バブル前(1985年)の水準までは地価が下がっておらず,
2008年現在は1985年比で正味2倍強くらいです.


新横浜の発展のページでも掲載した下図を再び参照します.
■青=ビル数積算●赤=新横浜人口


まさに,土地が急騰し始めて高値圏にある,
87年〜93年くらいにすごい勢いでビルが竣工しています.


新横浜はまさに「バブル経済の表舞台にあった」,「バブル経済の申し子の街である」などと言えるようです.
そしてバブル崩壊後しばらくし,土地利用の規制緩和→マンション建設ラッシュによる人口爆発が始まり,現在に至ります.
つまりバブル崩壊の”お陰”で,新横浜に人が住み始めたとも言えるのかも知れません.

なお,地価が再上昇し始めたここ1,2年なわけですが,今回の「土地ミニバブル」については,
アメリカのサブプライムローン問題に端を発する世界景気後退観測なども影響し,
東京都心などですでに沈静化傾向が見え始めていることなどが報じられているようです.
ただし将来,地価が実際にどうなるのかについては,本サイトは一切責任を持ちません.



以上.



ついでに,土地総合情報システムでの比較によって,
3丁目8−16(以前「新横浜ホテル」があった場所)は,
新横浜の町名が誕生する以前は,篠原町3672番であったことがたまたまわかりました.



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

表1 新横浜町内基準地の土地公示価格(一部基準地価)


表2 新横浜町内基準地の2008年現在の建築物
基準地(丁目-番地-号)現在の建築物
2-6-10歯科衛生士学院
3-8-16新横浜ホテル跡地
2-15-10YS新横浜ビル
2-4-9全労災ビル
2-15-19横浜ペットコミュニティ専門学院
1-29-15新横浜ツルガビル
3-7-3三井生命新横浜駅前ビル
2-3-8東伸24新横浜ビル
3-6-4新横浜千歳観光ビル
3-13-5宗久ビル

back to index