back to index
アウェイ版観戦ガイドへ

日産スタジアム・Jリーグ横浜Fマリノス戦・観戦ガイド




 初めて,もしくはとても久しぶりにサッカーを見に来ようと思う方は割といらっしゃるかと思いますが,そんな状況だとやはり,「思うように楽しめるだろうか?」「不慣れなせいで今ひとつ楽しめないということはないだろうか?」などという不安は多少なりとも生じると思います.具体的には「どの席で観戦すれば良いのだろう?」「良い席は確保できるだろうか?」「試合開始どれくらい前に行けば良いのだろう?」「早めに行って時間が潰せるのだろうか?」「雨が降ったらどうしよう?」などなど.
 本ページは,そんな“初めて/久しぶり観戦組”の方でも充分サッカー観戦を満喫していただけるよう作成した観戦ガイドです.写真を使ってイメージし易い様にしてあります.あくまで「新横浜&日産スタジアム&Fマリノス応援」の場合限定ですが,上から順番に全て読むと,当日あまりオロオロせず,楽しく観戦できると思います.ただし,好みの観戦スタイルは人それぞれなので,これがベストだということではありません.ここは参考程度にして,あとは自分なりに最適化していただければ幸いです.(2010/3/16)
追記:少しだけ現状に合わせて加筆修正しました.また,近年Fマリノス公式サイトの観戦ガイドも充実してきましたので,参考にしてください.(2013/11/9)



1.前日までにやること
1.1試合日程の確認
 もちろん試合日程を確認してください.3月〜12月のシーズン中はだいたい週末に試合がありますが,半分はアウェイ戦ですし,たまに日曜日や水曜日にも試合があります.(ホームだけどニッパツ三ッ沢開催ということも年に何度かあります.)突然行こうと思い立った週の週末にいきなり観戦できるかどうかは判りません.横浜FマリノスやJリーグのサイトなどから試合日程(キックオフ時刻も重要)と対戦相手をチェックしましょう.

http://www.f-marinos.com/
http://www.j-league.or.jp/



1.2チケットの選択
 どの視野で観戦したいのかにもよりますが,まずはホーム自由席で充分だと思います.日産スタジアムは良くも悪くも陸上トラックのせいで,いわゆる砂かぶりのような良席は無く,ある程度俯瞰できる意味で1Fスタンドと2Fスタンドは同等です.

(あくまで標準的な座席設定例)

 ここで,「気合を入れて早朝から並んだりしないとまともな席で見られないのではないか?」という不安が生じるかと思いますが,ほとんどの試合ではそんなことはありません.日産スタジアムは席数が70,000以上(全席開放の場合)もあります.ゴール裏1Fの応援団席中心地付近を確保したいのでない限りまず大丈夫です.自由席エリアでも,割と横から目線で観戦できる席は存在しますし,少し早めに行けばそこを確保できます.「本当に真横からじゃないとイヤだ」という方は,日産スタジアムの場合ですが,SBバック(SB指定席・バックスタンド側)が断然お勧めです.上図の上側の黄色い箇所になります.メインスタンド側のSS指定席やVIP席と同じ視野でありながら割安です.その少しずれたところにSC席も設定されました.逆に,メインスタンド側のSBやS席(上図の左下や右下の黄色い箇所)は自由席と視野がさほど変わらないのに割高なため,あまりお勧めしません.以下は,ホーム自由席チケットを前提に説明します.



1.3チケット入手
 当日に,当日券(大人2,600円/学生2,200円/小中900円※以下,価格は2013年ケース)を,東ゲート広場と西ゲート広場に各一つずつあるチケット売り場で購入することが可能です.

発売が試合開始2時間半前からで割と並ぶことと,やや割高なため,「天気予報が不安で雨なら行かない」と思っているのでない場合,前売り購入(2,200円)がお勧めです.前日深夜0:00までならコンビニのチケットマシンで購入することが可能です.また,もし近くにマリノスサポーターが居れば,1ヶ月以上前ならメンバー早期割引(1,900円)での入手をお願いできるかもしれませんし,「5枚つづり回数券」(これは早期でなくてもよい)のバラ売り(1,900円)をお願いできるかもしれません.あるいは年に4,5回は観に行きグッズも買うかもということであれば「トリコロールメンバーズ」という会員になってしまえば,入会金2,000円の元はすぐ取れます.





1.4服装と持ち物
 服装は気候に合わせた普通の恰好で良いと思います.できれば青いものを身に着けましょう.水色や青緑など似て非なる色は逆にやめておいた方が無難です.特に相手チームのカラーは誤解されるので避けましょう.ユニフォームやマリノスのTシャツなど公式なものはスタジアムに着いてから着用する方も多いようです.


とにかくゴール裏応援団席中心地以外であればあまり気にしなくても大丈夫です.
 日産スタジアムの座席はベンチシートなどではなく,一人のスペースが割とゆったりした居心地の良いものですが,硬いことはいたし方ありません.

お尻が痛くなるといやだという方や冬場冷えるという方はクッションをどうぞ.下で述べますが,開場前に並んで少しでも良い席をという場合には,地面に放置できる安っぽいバッグやビニールシートが必要です.オペラグラスは,公式グッズにもラインナップされていますが必要ありません.サッカー観戦の場合視野角が広いのでずっとは覗いていられません.特定選手の顔が見たいということであれば別にあっても良いかもしれません.カメラ撮影は基本OKです.一眼レフの超望遠レンズでどアップ撮影しようとすると,ひょっとしたらとがめられるかもしれませんが,多分大丈夫です.
 雨傘は観戦中に差すことは原則禁止ですので,雨の場合は別途ポンチョなどのご用意を.スタジアムでも雨が降ると大いにマリノスポンチョが売り出されます.ただし観客席に入ってしまえばかなりの高確率で屋根下の席(1Fスタンド約19列目以降+2Fスタンドほぼ全部)を確保することは可能です.傘は傘でも,トリコロールパラソル(後述)はFマリノス応援用グッズとしてウェルカムです.
 応援グッズとしては,オフィシャルショップでタオルマフラー程度は入手しておいても良いかもしれません.いずれも,当日スタジアムに着いてから時間の余裕があれば,スタジアムショップ「トリコロールワン」やコンコース特設グッズ売り場で購入可能です.





2当日試合開始前
2.1車での来場について
 日産スタジアムは,比較的駐車場の多いスタジアムではありますが,極力自家用車での来場は避けた方が宜しいかと思います.駐車場が埋まる時間は対戦カードによるので,読みづらいです.もし満車になっていた場合には新横浜町内のコインパーキングを利用せざるを得なくなりますが,これが割と高いです.新横浜町内は駐車禁止取り締まり強化地域であり,路上駐車はほぼ確実に引っ張られると考えた方が無難です.もし駐車場に停められたとしても,試合後には周辺信号機の事情でスタジアムを離れるのにかなり時間がかかることも避けたほうがよい理由のひとつです.公共交通機関に恵まれている利点を活かし,電車やバスでの来場を強くお勧めします.なお新横浜近辺在住の方であれば,自転車利用が推奨されています.



2.2待機列について
 はたして並ばなければいけないかどうかは,試合が人気のカードかどうか・どこに座りたいかによりますが,とりあえず,ここでは並ぶ場合の状況を説明します.



 一般自由席の入場は試合開始2時間前で,年間チケットホルダーの入場はその更に15分前です.ただし大観衆が見込まれる場合は年チケ優先入場が試合開始2時間30分前になることもあります.ともかくホーム自由席入場ゲートは開場後しばらくたって列がハケるまで,外周4階の北ゲートからのみとなります.



年間チケットの待機列は(2013年のケース),北ゲートを先頭に,外周路内側西ゲート大階段上で折り返し,外周路外側を北ゲートまで戻り,更に北東側スロープ外側を下ります.一般自由席の待機列は,北ゲートを先頭に,外周路内側東ゲート大階段上のスタジアムショップ「トリコロールワン」前で折り返して外側を戻り,やはり北東側スロープの内側を下ります.待機は,前日朝7時以降のシート貼り(=ガムテープを地面に貼っての順番待ち)がいずれも認められています.徹夜は認められません.また2日前以前にシートを貼るのはマナー違反ですし,貼ってもスタジアム係員に剥がされます.



シートを貼ってまで並ぶ人たちの主な目的は,なるべく早く1Fゴール裏応援席を確保することですので,そこに座りたい場合を除いてはさほど焦る必要はありません.家が近ければ前日中にシートを張りに来ることもアリでしょう.貼り方は写真に示すとおりで,四角い枠と壁面への表示です.ひとつ前のシートを見てNo.を記載することと,名前と,人数くらいです.
 当日朝早めに到着し,最後尾に荷物やビニールシートを置くことでも列に並んだことになります.シートを事前に貼っている場合や,一度最後尾に並んで荷物を置いたら,基本的にその場を離れても大丈夫ですが,貴重品は置かないで下さい.当日朝に列待機を済ませて,新横浜町内をぶらぶらしたり食事・お茶をするサポーターも多く居ます.
 入場は試合開始2時間前(年間チケットは2時間30分前)ですが,「列整理」はその更に20分前に行われます.そのタイミングまでには必ず現地に(少なくとも一人が)戻っていないと荷物が置き去りにされます.「列整理」は一度みんなで立って列を詰め,4列縦隊になることです.4万人を超えるような人気カードだと列整理が早まったり,入場自体も早まったりするケースもあります.現地で係員がふれて回りますので注意しましょう.
 「年間チケット待機列」+「一般自由席の前日シート貼り組」くらいでだいたいゴール裏応援席と,バックスタンドの中央寄り前の方が埋まります.一般自由席列がハケるのは,遅くとも開場後30分〜1時間後(試合開始1時間半〜1時間前)くらいで,その後,東西のゲートからも自由席券で入場できるようになります.



2.3入場後の席確保
 自由席チケットを前提に以下説明します.列に並んで北ゲートから入る場合も,ゆっくり試合開始1時間前位に行って東西ゲートから入る場合も,まずやることは席の確保です.
 席の確保は,慣例的に荷物を置いておけば良いことになっています.(あくまで人数分とし,荷物用に席を使ってしまうのはマナー違反です.)つまり,一緒に複数人数で観戦する場合,最低誰か一人だけが(列に並んで)入場して座席を人数分確保しに行けば,試合開始前まで座席をキープすることが可能です.貴重品や風で飛びやすいものは絶対置かないで下さい.
 どの席を確保すべきかは人によりますが,以下,いくつか特徴的なホーム自由席だけ紹介します.
なお各席からの視界については,下のサイトを参考にしてください.

日産スタジアム座席案内図



【1階ホームゴール裏】(入口番号N11〜N16)
 ここは列待機しないとまず確保は無理な場所で,特にN13,N14辺りでは歌うことや手拍子することが必須です.初めて行って闇雲にここへ座りたいという方はいないと思いますので,詳細割愛します.1階ホームゴール裏でも,かなり横にずれた斜め目線位置(N11やN16)であれば,席の埋まる時間はさほど早くありません.なおホームゴールは日産スタジアムの場合北ゲート側で,前半マリノスは向こうへ攻め,後半は手前に攻めます(実際にはコイントスで決まり,キャプテンが逆を選ぶ場合もまれにある).ごく一部,ハーフタイムに選手が出入りする箇所に近い(N15,N16),北西最前列に座りたい方も存在します.



【1階バックスタンドセンター寄り(ホームゴール側)】(入口番号E15)
 指定席のSBバックに隣接した席は当然人気の席で,列待機でここの確保を目的にする人も居ますし,あまり遅く来ると対戦カードによっては埋まってしまいます.近年ここに若干のSC指定席が設定されました.日産スタジアムの場合は陸上トラックがあり,前方でも案外試合が見づらいため,試合後の選手周回挨拶を少しでも近くで見たいということでなければ,後ろに寄った席でも構わないでしょう.約19列目以降なら雨でも凌げます.ゴール裏の華やかな応援がよく見えるのもこのあたりの席です.

 

【2階バックスタンドセンター寄り(ホームゴール側)】(入口番号E25)
 1階同様ですが,埋まる時間は1階より遅く試合開始1時間くらい前の入場でもある程度席は残っています.実は落ち着いてサッカーを見るにはベストな席かもしれません.何しろ放送席の向こう正面です.対戦カードによっては2階バックスタンドはSB指定席設定が丸々無いケース(上の右図)もあります.雨は凌げます.逆に日差しの強い昼間の試合だと,長い時間まぶしいかもしれません.

【バックスタンドセンター寄り(アウェイゴール側)】(入口番号E12)
 ホーム自由席設定ながら,SBバック指定席を挟んでむしろアウェイ側に近い”飛び地”になります.線対称のホーム側に比べ,明らかに埋まるのが遅いので穴場です.大体の事情は上の2つと同じですが,あえて違う点を挙げるとすれば,「アウェイ応援の音が大きく聞こえ,うっかり釣られて手拍手しそうになる.」「チラホラと,アウェイ側サポーターが紛れ込んでいる場合があって不快.」などでしょうか.

【2階ゴール裏】(入口番号N21〜N26)
 ここも,ごく中心部(N23,N24前方)は立ちっぱなし歌いっぱなしの応援団席ですが,そのすぐ周辺は割といろいろな観戦スタイルのサポーターが混在しています.意外にも,ファミリー客の多い席でもあります.対戦カードによって混雑度合いが最も変わる場所であり,不人気カードの場合空席が目立つ一方,人気のカードでは1階応援団席と一体化します.巨大ビジョン周辺の高いところに上がってしまえば割と席を確保しやすいです.「応援団と一緒に拍手したり歌ったり盛り上がりたいけれど,今ひとつ勇気がない」という方は,まずはこの2階ゴール裏がお勧めです.ただしゴール裏1階の応援団席中心地は,覗き込まないと見えないので「盛大な応援を鑑賞する」には向きません.雨は凌げます.





2.4席確保後の行動
 日産スタジアムの横浜Fマリノスホームゲームの一つの特長は,席確保後に東ゲートから一時出場できることです(ハーフタイム以降はできません).従って,席を確保してからの行動は十人十色でもっとも分かれる部分です.以下,それぞれ説明します.



2.4.1東ゲート広場トリコロールランド等
 新横浜に近い東ゲート広場では,トリコロールランドが設置され,トリコロールステージ上でのバンド演奏,ケータリングサービス,お子様向けの参加型ゲーム,特設ブースでの景品プレゼントなどさまざまな催しが行われます.詳しくはFマリノス公式サイトでホームゲーム情報をチェックして下さい.当日,東ゲートで配布されているチラシにもイベントスケジュールが書かれています.
 すでに指定席を買っている場合以外は,待機列に並んだ後,または席確保後に一時出場し,訪れるのが一般的です.Fマリノスの名物であるチアリーディング「トリコロールマーメイズ」は,試合開始約2時間前にはステージに登場します.トリコロールランドには,マリノス君やマリノスケといったマスコットもうろうろしていて,写真撮影やサインなどに応じてくれます.“横浜Fマリノス非公認ヒールキャラ”の「ワルノス」のステージもあります.ワルノスに付き従っているダンサーのおねえさん方は,常に近づきがたいオーラを出して微笑しています.ともかく東ゲート広場で,腹ごしらえするもよし,お子様を遊ばせるも良し,ぶらぶら眺めるもよしです.




 東ゲートの大階段上北側には,Fマリノスオフィシャルショップ「トリコロールワン」があります.ユニフォームやTシャツその他応援グッズを手に入れたい方は「トリコロールワン」へどうぞ.チケットも前売りのみ行っていますし,その場でのトリコロールメンバーズ入会も可能です.ただし,試合1時間前位にはかなり混雑しレジに長時間並ぶことになりますので,もし何か応援グッズを買うつもりであれば,むしろ待機列が動き始める試合開始2時間前以前に来た方が良いと思います.なおグッズ種類は限られますが,入場後にコンコース4階に設置される臨時グッズ売り場の方が断然空いています.



 その他,食事をする場合にはスタジアム底部から入った「日産ウォーターパーク」内にある「なごみ」があります.比較的空いており,特に夏場冬場,空調が効いているところに居たいという方にお勧めです.





2.4.2試合前スタンド内
 日産スタジアムは,かつてJリーグサポーターサイトの投票で,「スタジアムグルメワースト1」という不名誉な評価を受け,そのせいか2008年頃から,かなりスタジアムグルメを充実させています.各店舗については日産スタジアム公式ページを参照してください.
http://www.nissan-stadium.jp/shoprest/baiten.php
 こちらは自分が撮影したもの.



 日産スタジアムの場合,どちらかのチーム応援グッズを身につけていなければ,コンコースのホームエリア(北)/アウェイエリア(南)/中立エリア(東,西)の行き来は自由です.(他のスタジアムではホームとアウェイのコンコースが完全に分断されていることが多い.)自席での飲食は可能ですが,ゴミは必ず分別ボックスへどうぞ.持込はOKですが,缶やペットボトルは入場時にリユースカップへの移し変えとなります.
 試合開始1時間くらい前から,場内でぼちぼちいろいろ始まりますので,お勧めは試合開始1時間前位から自席に戻ることです.巨大スクリーンで,選手インタビュー映像や,スタジアムボランティアの紹介などがあります.ピッチ上で,小学生の前座試合や体験親子サッカー教室が行われる場合もあります.
 ゴール裏応援席前では,「トリコロールマーメイズ」のチアリーディングが,試合開始1時間ほど前に行われます.横浜出身のデュオ「ゆず」による公式応援歌「We are F-marinos!」に合わせたチアリーディングです.


 ピッチでは,試合開始40分くらい前になると,ゴールキーパー→フィールドプレーヤー全員の順で登場して試合前選手ウォーミングアップが始まり,スタンドも盛り上がり始めます.敵側選手登場ではブーイング,マリノス選手登場では各選手のコール&チャント(応援歌)が沸き起こります.
ちゃんとチャントを定義する試み
F・マリノス チャント!
 各選手のチャントが歌われる順番は,実は試合開始2時間前に発表されるスタメン&サブの順序です.試合開始20分位前になると,選手は一旦ロッカーに引き上げ.応援団席も一旦落ち着きますが,すぐに巨大スクリーンで出場選手紹介が始まります.アウェイ選手→ホーム選手の順に紹介されますが,アウェイは味気なく,ホームは豪勢な紹介映像になります.アウェイ選手の中で特に気に喰わない(マリノスから移籍した,代表選手である等)選手の紹介時には,お約束のブーイングが起こります.ホーム選手については,名前読み上げ後に「オーレ!」の掛け声が出ます.同時に右手を前から上に上げます.スタメン→サブ→監督の順で紹介が終わると,なし崩し的に応援合戦が始まります.
 試合開始10分位前に選手入場となります.ここからは,以下,試合中応援についての項に記載します.



3.選手入場〜試合中
 試合開始約10分前,巨大スクリーンに煽り映像が流されます.2013年からは,「民衆の歌(レ・ミゼラブルより)」がBGMで流れ,これに合わせてサポーターが大小無数の旗を振ることになっています.
 選手入場はその直後に始まります.応援団席では,選手入場時には必ず「プライドにかけて」が歌われますが,この時ばかりはゴール裏応援団席以外の方も,起立してタオルマフラーなどを前に掲げることが望ましいです.
「♪おー おお横浜― エフマリーノス プライドにー 掛けてー」
 この歌は始め4ビートですが,途中8ビートに変化します.8ビートに変化したら掲げていたタオルマフラーをぐるぐる回します.なお,特別な試合などでコレオグラフィ(観客席マスゲーム)などに変わる場合もあります.


 ゴール裏の一部の席では前述した「ビッグフラッグ」などの掲出もあります.たまたまフラッグの出る席になった場合,1分ほど視界が遮られますが,逆に良い機会だと思って快く協力しましょう.



「プライドにかけて」はキックオフの笛が鳴るまで続きます.落ち着いて試合を観られる方はここでだいたい座りますが,応援団席の応援はここからほぼエンドレスで立ちっぱなしです.
 必ずしも応援コールに加わることを推奨するわけではありませんが,いったい何を歌っているのかなどをある程度知っていた方が,試合観戦がてらで応援鑑賞するにもより楽しめると思いますので,以下説明します.
 各応援コール/歌は「チャント」と呼ばれ,前述の「プライドに掛けて」同様,特別な場面で歌われるもの,試合中に適当に選ばれてコールされるもの,選手固有のもの,およそ3タイプに分類できます.
 チャントは,当日ホーム自由席で応援団有志により配布される「hamatora」というフリーペーパーに歌詞が全て掲載されていますし,以下のサイトにも音源付きで掲載されています. ちゃんとチャントを定義する試みF・マリノス チャント!
←クリックで拡大



【選手入場時】「プライドにかけて」
・前述の通りです.



【応援中】
・状況に応じて選手を鼓舞するためチームのチャントが次々コールされます.詳しくはこちらを.

ちゃんとチャントを定義する試み
F・マリノス チャント!



・選手がシュートを打った場合,痛んだ場合,キーパーがセーブした場合など選手のコール.
(例)マナブ!(手拍子x3)マナブ!(手拍子x3)マナブ!(手拍子x3)
・選手交代時も,OUTの選手→INの選手の順に,上記例と同様なコール.

・選手がゴールを決めた場合,二つ折りのタオルマフラーを頭上でぐるぐる回しながら.
(例)♪オーレー! オレオレオレー! ユウジー! ユウジー!



【勝利の場合の試合後】「コーヒールンバ」
・Fマリノス恒例の応援として,勝利の場合,コーヒールンバのメロディのチャントを歌いながら,トリコロールの傘=トリパラを回します.傘は数百本におよび,この応援が観たくてバックスタンドに席を取るという方もいるほどの壮観なものです.まれに,試合開始前にこの「コーヒールンバ&トリパラ回し」をやる場合もあります.




【ブーイングするケース】
・相手ゴールキーパーがゴールキックをモタモタしている場合.特に時間稼ぎに見られる状況
・相手が,バックパスで戻すなどして,モタモタとボール回しをしている場合
 このケースは「攻め手が無く仕方なくボールを下げた情けない敵を煽る」の意味もあります.
・特定の気に入らない相手選手(元マリノス所属,日本代表選手等)がボールを持った場合
・敵のファールや,味方への理不尽な(と勝手に解釈できる)ファール判定
・痛んだ後なかなか起き上がらない相手選手
・判定に不服で抗議している相手選手
・相手のフリーキックやペナルティキック前
・その他マリノスにとって不愉快な場面



【その他特定の掛け声など】
・味方のゴールキック
 [昭蠅鯀阿暴个珪犬魏叱けでヒラヒラさせながら「オーーー…」
 ⊇海觸峇嵶昭蠅魑鵑欧董屮イ!」
・勝利後,選手が観客席前に来て全員並んで万歳するとき,同様に最優秀選手賞(MOM)の表彰プレートをお立ち台で頭上高く掲げるとき → 屮ーーー…」◆屮イ!」
・負傷などで意図的に選手がボールをアウトオブバウンズに出した後,相手チームがボールを返してくれますので,この時はきちんと拍手をします.攻守逆の場合も同様.
 その他,素晴らしいサイドチェンジなど,好プレーがあればインプレー中でも拍手しましょう.



4.ハーフタイムについて
応援コールは前半終了後しばらく続きますが,ハーフタイムは15分程度 ありますので,トイレや追加のフード購入などを済ませましょう.ただし日産スタジアムは割とトイレの数が多いものの,やはりハーフタイムでは混雑し,後半開始に間に合わない恐れもあります.トイレに行きたい方は,急ぎましょう.比較的空いているのはコンコース6階(スタンド1F,2Fに出られない階層)のトイレです.ハーフタイムには,巨大スクリーンでいくつかの情報が流れますが,一つは「他会場の試合速報」です.



5.試合終了後〜退場まで
 試合後の運びは,選手たちの動きに合わせて以下のようになります.
選手全員試合終了の礼の後,バックスタンドのアウェイ寄りホーム自由席前から,反時計回りに選手が歩きながら観客席に挨拶.ゴール裏まで来て,勝利の場合は万歳.敗戦と引き分けの場合は礼.



 ここまでは,自席の前に選手が歩いて来たタイミングで拍手します.ただしこの間,ゴール裏などでは「コーヒールンバ&トリパラ回し」をある程度続けています.ゴール裏の勝利の万歳では,先に書いたように, 屮ーーー…」◆屮イ!」でタイミングを合わせて万歳します.
 ゴール前で万歳or礼をした選手たちは,その後,更に反時計回りにメインスタンド前まで挨拶しに行き,その後ピッチから姿を消しますが,勝利の場合,最優秀選手(MOM; Man of the Match)に選ばれるなどした選手1〜3名は,ゴール裏お立ち台でヒーローインタビューを受けます.そこでも万歳をし,全ての選手たちがピッチから姿を消すと,全スケジュール完了になります.帰る準備をして退場しましょう.サポーター有志によってスタンド内ゴミ拾いが行われますが,彼らや係員の拾うゴミが全く無いくらいの勢いで,自席はもちろん,周囲のゴミも拾いましょう.ゴミはコンコースのゴミ捨て場で,ちゃんと分別廃棄します.なおリユースカップは捨てずに回収ボックスへ入れてください.



6.退場後
 新横浜駅,小机駅,駐車場,勝利の祝杯を上げに飲み屋へ…いずこへ向かわれる場合も,大事なことがひとつ.




「家に帰るまでがサッカー観戦」

です.





以上.





back to index
アウェイ版観戦ガイドへ