back to index / back to 新横浜の未来図
新横浜駅周辺の未来像


新横浜の未来図のページに描いたもののうち,特に新横浜駅周辺についてさらに(勝手に)拡張してみました.
(全部読むのが面倒臭い方は,最後の写真とその解説のみお読みください.)



下の図は,2015年と2019年にそれぞれ開通が予定されている,神奈川東部方面線を描き込んだ新横浜周辺路線図です.
(なお神奈川東部方面線についてより詳しいところは,Wikipedia - 神奈川東部方面線の項などをご参照ください.)




実はこれ以外にも過去,横浜市内陸部の鉄道利便性を向上させるための計画はいくつもありました.
'60年代の,東京〜港北ニュータウン〜相鉄線を結ぶ計画や'80年代の新横浜〜川崎を結ぶ計画等がそれです.
前者は,計画がなくなってしまったことで港北ニュータウンの開発は遅れますが,後になり市営地下鉄の
ブルーラインやグリーンライン('08年開通)が港北ニュータウンの息を吹き返させた形になります.
後者はいつのまにか計画中止になっているようです.



さて,相鉄二俣川〜西谷〜羽沢〜新横浜〜東急綱島を結ぶ'19年の計画は,新横浜に大きな変化を
もたらします.今のところ羽沢〜新横浜〜綱島はすべて地下になると発表されていますので,
新横浜にもうひとつ地下駅が増えることになります.環状2号の下あたりではないかと予想されます.
最近の発表では,相鉄・東急の乗入れ線の運行はピーク時間帯で10本/時間程度とされています.
(先立って2015年に開通が予定されている相鉄・JR貨物線の乗入れ線の運行は4本/時間程度.)


まず下の図は,2008年に「新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業」が完了した時点での新横浜駅前です.
詳細は,横浜市都市整備局の新横浜駅・北口周辺地区総合再整備事業のページをご参照ください.



そして次の図には,環状2号線の大深度地下(市営地下鉄の更に下)を走る相鉄東急乗り入れ新線と,
新・新横浜駅を描きこんでみました.さすがに地下鉄駅同士は地下で繋がると考えられます.
同時に,個人的に「土地に駐車場あるいは低層のビルしかなく,開発余地があるのではないか」
と考えた場所が 銑になります.(※実際の土地所有者に対して大変失礼な表現かもしれませんが,
まったくの勝手な想像であり,10年以上先のことですのでお許し頂きたいと思います.)



上図の,榔愾姐場(拡張部)+横浜市交通安全協会経営の駐車場+パチンコ店2階建て駐車場です.
△蓮JR東海の施設です.は,会社事業所で大部分が駐車場,一角にのみビルがあります.

これら 銑を新横浜プリンスホテル上階から見下ろしたのが下の写真になります.




さてここからが本題です.2019年の新横浜について新線の開通までが確定したものと仮定して
 銑の利用を含め下のような想像をしてみました.想像というより妄想に近いかもしれませんが.

→JR横浜線から,一丁目および二丁目南寄りへのアクセスの悪さはこの頃までには改善して欲しい.

  →,鉢◆きの土地も有効に使いながら,アクセスの悪さを解消することは可能ではないか.

  →横浜線のホームは,西側(小机側)へなら50〜100m程度延長できる余地がありそう.
          (新幹線ホームから横浜線ホーム小机側を俯瞰)

  →横浜線ホーム西側階段&跨線型の改札駅舎を作り,一,二丁目両側へ出られるようにすると便利.

  →さらにこの横浜線西口改札から, ▲┘螢∋楡澆吠眛散兇農楝海可能ではないか.

  →百貨店事業を持つ相鉄/東急は当然新商業施設を考えるのでは.場所は新地下駅と繋げられる.┘螢△任蓮

  →横浜線西口改札駅舎と.┘螢⊂Χ隼楡澆魴劼阿海箸蓮JR東日本にとっても魅力的なはず.

  →JR東海は△鮑導発し,一部を横浜線西口改札駅舎から降りる階段スペースとして提供してくれないか.

→新地下駅はこのままだと篠原口との連絡が悪い.よって,.┘螢地下を介し南北連絡地下道で結びたい.

  →南北連絡地下道は,横浜線ホーム,新幹線ホームの下を通過する.

  →するとこの連絡地下道から,新横浜中央ビル(新駅ビル)や各ホームに上がる地下改札もあると便利.

→.┘螢△両Χ隼楡澆鮃佑┐襪斑鷦崗譴必要だが,環2外回り車線からのアクセスがし辛いのが問題.

  →エリアを一部立体駐車場にし,新横浜陸橋側道から陸橋をくぐって入れるよう誘導する.

  →横浜線上空で,領体駐車場との立体駐車場を繋ぐ車道橋を作れば環2両方から出入りすることが容易に.

→エリアは,地域でも要望がある文化施設を作るなどしてはどうか(例:博物館,美術館,映画館,etc.).



とまあ妄想を大爆発させてみましたが,かくしてできあがった新横浜駅周辺の未来が下の図になります.




A.「相鉄/東急の新商業施設」 ロータリーの歩道橋やB.横浜線西口改札と2階で直結.
B.「横浜線西口改札」 二丁目側へはA新商業施設,一丁目側へはC.JR東海保有地を介し出られる.
C.「JR東海一丁目ビル」 B.横浜線西口改札と2階で連結.
D.「南北連絡地下道」 環2下の新地下駅と篠原口を結ぶ.途中,駅ビルや横浜線ホームに上がれる.
E.「新文化施設」 駅寄りには立体駐車場を設け,上空でA.の立体駐車場との車の行き来が可能.


以上,バカげた話かもしれませんが,ここまでで立ち退きの必要な個人住居等は(多分)ゼロ.
多くの土地は,公共の所有あるいはもともと当業者の保有地で,既建造物も僅少.
それなりの資金投入は必要ですが,商業施設・文化施設での回収がかなり期待できます.
あとは一丁目荏原テクノサーブさんのビルとSKIPさん(駐車場)と西部運輸さんに,
どうにか開発当事者側に回っていただければ…


バブルな妄想は以上(2007年11月吉日).




補足1:あらかじめ謝っておきます.  「ごめんなさい」
補足2:都市計画等になんら知識のない素人です.
補足3:新横浜住民としては,あまり車や人で混雑して欲しくないのが本音です.
補足4:その頃には住んでないかもしれませんが.


いたずらみたいな内容ではありましたが,1丁目マンションの計画や2,3丁目の商業ビル・会社ビルの計画がどんどん出続けている現状を考えると,横浜線の混雑やアクセスの悪さについて,どうにかこれ以上の悪化を食い止められないものだろうかと思ってしまうのが正直なところです.現時点でさえ,朝の横浜線ホームに下りる階段上から,階段を上がろうとして溢れ揉み合う降車客を見下ろすと,さながら国家元首にでもなった気分です.まだまだまだまだ住民も就業者も増え続けそうな新横浜です.







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

back to index / back to 新横浜の未来図