back to index

新横浜公園工事進捗状況(2008年秋)


2008/10/13,新横浜公園の(主に)造成工事の様子を観察してきました.
写真を撮ってきたのは,下の大きな地図の 銑瓦離▲鵐哀襪砲覆蠅泙后


以下,‘産スタジアム正面を除く◆銑管分を拡大した地図と見比べながら,3枚1セットでご覧下さいませ.

まったく工事が進んでいないわけではないけれど,本年度中に,本当に完成に至るのでしょうか新横浜公園.
駅前の円形歩道橋工事もずいぶん時間が掛かっていますが,ここは更に輪をかけて工事が長いです.

いつか完成するのでしょうか?

そしていつか,完成前にすでに風化してしまった「新横浜ゆめオアシス」という愛称は,復活するのでしょうか?






 ̄上:日産スタジアム東ゲート広場.観察してきた日は「スポーツフェスティバル」およびフリーマーケットの開催日です.
∈顕次日産フィールド小机前の中央広場より,教室開催中のスケボー広場方向を.ここは供用開始からもう4年2ヶ月.
1Σ次中央広場より,2ヶ月ほど前に供用開始された元石川線北側部分の方向を撮影.方角は,ほぼ真北になります.







け上:とは逆に,元石川線の高架下から南方向.日産フィールド小机前の中央広場を見ていることになります.
ズ顕次Л↓と同様に元石川線の高架下から,その高架下西側にできたストリートバスケのコート.今夏供用開始.
ΡΣ次Ц祇仞鄒北側に出て亀甲橋を見上げたところ.このように両側がまだ工事用の柵で立ち入りできない状態.







П上:亀甲橋に最も近づく辺りで元石川線の方向を振り返った所.向こうに京浜河川事務所・小机城址が見えます.
┷顕次Ч事の柵内なので立ち入ることはできませんが,内側整備中の広場の外側,小川と橋が出来上がっています.
右下:大きな芝生の広場になる予定の場所は,まだ残土が積み上げられていて,雑草だらけです.正面に小机城址.







右上:常時水を湛えている池の部分.亀甲橋の奥に新横浜プリンスホテル.左の土手の向こうが鶴見川になります.
左下:整備中部分の北側にある水門.洪水時に越流した水を遊水地から鶴見川へ放流するための水門だと思います.
右下:整備中部分から,日産スタジアム方向を撮影した写真.ススキやセイタカアワダチソウが生い茂っています.







右上:鶴見川に近い公園北側から,既供用である球技用の土のグラウンド.この更に右に既供用野球場があります.
左下:とほぼ同じ場所から,整備中の新たな野球グラウンドを撮影.ここもやはり周囲は芝生になるのでしょうか.
右下:元石川線の方へ戻ってきて,既供用の土のグラウンドを撮影.ここが完成したのは2年前のことになります.








葦上:今年の4月から供用開始されている,10面のテニスコートと壁打ち練習場.ここは日々大盛況の様子です.
浦顕次Ш討喟鞍中の新たな野球グラウンドを,元石川線側(南側)より撮影.大きさは2面分くらいありそうです.
憶Σ次Ц祇仞鄒に近い場所から,亀甲橋や新横浜の街の方向を望んだ所.手前は一面芝生の広場になる予定.







咳上:元石川線沿い,北側に一部だけできた芝生の広場.正面にプリンスホテル.そして右に日産スタジアム.
敢顕次Ц祇仞鄒の南側に戻って,日産フィールド小机を背に中央広場を撮った写真.できてもう10年が経過.
−右下:.





以上.



back to index